この記事の所要時間: 218

 にった3

 感想やら視聴率なんか書いてあります

 

スポンサードリンク

■手柄は上司、失態は部下

 

今回の粗方な大筋

 

結婚相談所からの抗議文で支店に行く事になった花咲と相馬。抗議の内容は『結婚相談所に入会しても半年以上も結婚相手を紹介してもらえない。そんな所に銀行がお金を融資していいの?』という、些か腹癒せにも似たものだった。

 

そこで臨店の二人は青山支店へと足を運ぶのだが、例によって例の如く臨店は歓迎されないムード。青山支店長の新田部下で融資課の杉下に全て丸投げしてどこかに行ってしまった。

 

にった

 

結婚相談所の社長・宗方と話しをしようと向かった杉下、花咲、相馬の三人だったが結婚相談所はもぬけの殻。事務所にも顔を出してみたが、そこでは警視庁がガサいれをしている最中。詳しく話を聞くと、社長の宗方は相談者から集めた入会金の六億円を持って逃亡したのだった。

 

例によって厄介事に首を突っ込む花咲は、杉下から新田支店長と宗方社長の二人が親しい関係にあること、そして婚相談所への融資の件も新田の支店長命令だったことを知る。

 

ところが、新田が杉下に押しつけた融資にも関わらず、杉下がだけに責任を取らせて今回の件の幕を引こうとしていた。詰まるところ蜥蜴の尻尾切りだ。

 

花咲は、それはもう怒りに怒って証拠を集めた結果、新田支店長が顧客のデータを宗方社長にリークしていた事実が発覚。

 

後日、新田さんは顧客情報漏洩の罪に問われて逮捕されましたとさ。

 にった2

 

スポンサードリンク

 

警察、無能。

 

中々に面白いですね花咲舞。最終回に繋がるような伏線も微々たる物で、その回その回がちゃんと作られてて。

 

しかし最後の最後に『臨店が行く先々で事ある毎に事件が起きる』と塚地が言っていましたが逆でしょ。事件が起きたから臨店が行くんでしょ。お前よくそんなんで銀行員になれた云々・・・・・・ま、フィクションなんすけどね。

 

ちなみに一話目の視聴率は17.2%、二話目の視聴率は14.7%でした。3%下がりましたね。

 

流石に半沢直樹と比べると悪いですけど、どうしても少ない数字に見えてしまうのは、やはり半沢直樹が凄すぎたんですね。

 

スポンサードリンク