この記事の所要時間: 94

 jungler

 

jungleの動きが簡単なチャンピオンをチョイスしました

 

スポンサードリンク

■慣れれば強いが・・・

 

選定した条件として、初心者がジャングルを始めた際に難しくてゲームから離れないように初めてでもジャングルを簡単に回りながらガンクを刺せるチャンピオンとしています。

 初心者へのオススメという事で、 lee sin、rek’sai、nidaleeなど強力だがテクニカルな操作を要求されるチャンピオンや、Tier3のルーンやLv30マスタリーを前提として回るチャンピオンは意図的に排除していますのでご了承ください。

 

 

Warwick(以下ww)

warwick

初心者御用達チャンプ、そこには理由がある

 

●良い点

 

・このチャンピオンは、敵にオートアタックをすると与えたダメージの一定量回復するパッシブを持っており、非常に安定してジャングルモンスターを狩ることが出来る。以前、私は初心者ジャングル講座を書いた事があるが、その時も初心者が一番大事にすべきことは『ジャングルのモンスターに倒されない事』と述べた。このチャンプはそれを実行するのに打って付けなチャンプ筆頭だ。

 

・タイマンがそこそこ強く、赤スマイトを使った殴り合いはレーンチャンプ相手だろうと簡単に優位を取れる。武器は王剣とジャングルアイテム、後は全部防具でも充分活躍できるだろう。

 

・Lv6時におけるウルトを使った圧倒的なガンクで、ジャングラーの魅力とガンクの快感を手に入れることが容易なのも魅力的な点である。集団戦でも相手のキャリーにひっつくだけで動きを封じられるので、集団戦での仕事もしやすい。

 

450IPという非常に良心的な価格で手が出しやすく、早い段階でジャングラーの経験ができる。450IPと言えば4~5戦やればすぐに取り戻せるIPで、6300や4800IPのようにちょっとお高いチャンプと違い、買っても後悔をしないチャンプである。

 

 

×悪い点

 

・余所様で散ッッッッッッ々口を酸っぱくして言われているが、Lv6未満時は全てのスキルにCCが一切無く、ウルトを覚えてないwwはガンク性能は皆無に等しい。そのため、味方レーナーは敵ジャングラーのガンクに怯えるが、敵レーナーはジャングラーによるガンクの恐怖に怯えずに済む時間帯が産まれてしまう。

 

・AAが主体のチャンプなので、ダメージを反射するThorn Mail を積まれたらきつい。

 

・ウルトを解除できるサッシュとかスキルを無効化できるバンシィ積まれたらGG。

 

 

スポンサードリンク

 

○Fiddlesticks

 fiddle

癖があるがブッシュの重要性が最も痛感できる

 

●良い点

 

・Wによるドレインで、マナが尽きない限り何時まででもジャングルを回れるし、低レベルのソロドラゴンは勿論、装備さえ揃えばソロバロンだって夢じゃない。

 

・Qのフィアー、Eのサイレスと低レベル時からガンク性能が高く、Lv6時のブリンクAOEウルトと合わさり最強に見える。

 

・ウルトは詠唱時間が長いため、敵の攻撃で中断されないよう、ガンクや集団戦の時はデワード(相手のワードを消す)作業を行う必然性が出てくる。このデワード作業はジャングルを回る上で非常に重要な行為であるため、低レート帯でデワードの腕を磨けるのだ。

 

・wwには劣るが、1350IPはそこそこ良心的な値段である。

 

・集団戦でのAOEウルトが非常に強力。砂時計中でもウルトのダメージは継続して発生するため、一方的に広範囲の相手にダメージを叩き出せる。

 

 

×悪い点

 

・運営の想定したロールはジャングル&メイジなので、防御面でのステータスはファイター系のチャンプよりも低く設定されている。このステータスの低さが厄介で、ダメージ交換やタワーダイブの経験が少ない初心者はチキってしまう場面が多く見受けられる。結果、ガンクや集団戦でのウルトを躊躇ってタイミングを逃し、味方が死んでからウルトで特攻なんて場面を味わうだろう。頑張ってタイミングを見極めようね。

 

砂時計を使い忘れたり使うタイミングを間違えると死ぬ。

 

青エンチャの素材がShenに変更されてしまい、fiddleにマッチしないエンチャントになってしまった。しかしAPの上昇するエンチャントは青しかないのである。ライオットはフィドル専用ジャングルアイテム追加しろ。

→青エンチャに変更が来てShenからEcho の効果になりました。運営ありがとう!!!

 

 

○Xin Zhao

 xinzhao

ガンクのイロハを勉強できる

 

●良い点

 

・AA三回当てるごとに体力を回復するパッシブを持つため、ジャングルモンスターを狩りやすく事故も起こりにくい。このパッシブはwwと違い、Wのパッシブに付いているため、Lv1でWを最初に取るのを忘れないようにしようね。

 

低レベルのガンクをお手軽に決められる。対象指定にスローを付与できるブリンクE、三発当てたら打ち上げの入るQ、マークが付いてない相手を全部範囲外に吹っ飛ばす強制タイマン仕様のウルト。Eのブリンクから入り、Qの打ち上げを入れるもよし。Eのブリンクを残してガンクし、相手のフラッシュを見てからEで追撃するもよし。ガンクを決めてジャングラーとしての動きを慣らしていこう。

 

・コイツも回復パッシブを持っているためタイマン性能が鬼。Lv6未満時であればwwよりもタイマン性能が高く、変な事故でも起きない限り全部スキル使って殴り合えば殆どのチャンプ相手に勝てる。

 

 

×悪い点

 

集団戦がイマイチ。ウルトを下手に使って敵を助けるような吹き飛ばし方をしてしまうと萎えるし、CC始動イニシーエトもし辛いし、ダメージキャリーにブリンクでひっついても後出しでブリンクされると反転して逃げるしかないしで、うーんこの。

 

・あまりにタイマンが強いので、中盤~後半は暴走しがちになる。滅茶苦茶育ったxin zhaoが3~5人相手に挑んで死に、味方にネチネチ文句を吐くのをよく見る。ミュートにしてリポートされないように暴走はしないでね。

 

スポンサードリンク

 

 

○Maokai

 maokai

集団戦の起点から終点まで

 

●良い点

 

ウルト以外のスキルにCCが付いてる。きがくるっとる頭おかC。

Qはスローor打ち上げ、Wはスネア、Eはスローと、Lv6未満の時点においてガンク性能がトップクラスなのが字面だけでも伺える。

 

・ウルトは一定範囲内の攻撃を軽減し、時間が経つと自身の周囲が爆発して範囲にいる相手にダメージを与えるスキルである。集団戦でこれを使って味方を助けるような立ち位置も出来るし、敵のキャリーに取り憑いて多くの敵を巻き込んで爆発させるような使い方もできる、攻めにも受けにも使える面白いスキルだ。

 

・今まで紹介してきたチャンプと違いタンク寄り。防御面のステータスも高く、積むアイテムもHPを底上げするアイテムが多いため、緑エンチャントとの相性が抜群で、上記のCCと組み合わせて特定の相手を長時間拘束が可能である。また、様々な状況下におけるタワーダイブの練習や、ウルトを発動させてからのイニシーエトの練習もできる。

 

・Eのピクミンでブッシュの視界を取れる。

 

 

×悪い点

 

・ジャングルを回るのが遅く、早く回ろうとしたらスキルを使うためマナ切れをよく起こしてしまい、ガンクに遅れたり駆け付けてもちょこっとしかスキルが撃てなかったりする。マナ管理が全然できていないと「何しに来たの?」なんて煽られる。

 

・スキルファイター系のチャンプなため、AA主体のチャンプと比べるとタイマンがそこまで強くないので、カウンタージャングルがし辛く、また川を歩く際は敵ジャングラーの恐怖に怯えるハメになる。

 

 

 ○Amumu

amumu

万能型の良チャンプ

 

●良い点

 

・Qによるガンク、WとEの持続的ダメージ、広範囲の敵をスネアにするウルトとかなり非の打ち所が無いチャンピオン性能。WとEによるAoEダメージで中立モンスターの狩りが楽な上、ミニオンウェーブの処理も出来るのでガンク成功後の後処理も素早く行える。

 

・ステータスがタンク寄りだが、スキルのダメージが持続的に出せるので長期戦に強く、こちらもmaokai同様緑エンチャを積むので、HPとAP両方を伸ばせる装備とのシナジーが強い。最悪、防具を積むだけでも十分な活躍が望めるので、味方にダメージが期待できるのであればアイテム全て防具でも構わない。

 

 

×悪い点

 

・序盤でのタイマン性能はブッチギリで最下位。カウンターガンクやカウンタージャングルに弱く、かなりの頻度で敵ジャングラーに蹂躙されるであろうチャンプ筆頭。緑エンチャを積み始めてからは性能が逆転し始めるが、それまでがきつい、あまりにもきつい。

 

・ガンクがQの精度にかかっている。

 

・こちらもマオカイと同様、調子に乗ってスキルを使いすぎるとすぐにマナが枯渇するためマナ管理が課題になる。

 

 

以上、ガチ初心者にオススメするジャングラー5選でした。

 

慣れてきたら性能や他の人の評価よりも見た目で選ぶようにしようね!!そっちのがモチベ上がるし長続きするからね!!!!特にニダリーとかリーシンとか可愛いし格好いいよね1!1!!

 

 

スポンサードリンク