この記事の所要時間: 347

ギャラクシーRumble

これからの競技シーンで来そう

Jungle Rumble!

 

スポンサードリンク

■トロールじゃないよ!

 

既にKRでは、Newメタとしてバン候補にも入っている『Jungle Rumble』について説明していきます。

 

まず、どうして流行っているのかについてですが、これはNidalee、Udyr、Gravesなどのチャンピオンにスポットライトが当たっているのと同じく『中立を狩る速度が早く、タワー折りに貢献できるから』です。

 

中立を狩る速度が速いので、相手ジャングラーよりも中立を多く食べて金額・Lvの差を広げやすく、尚かつUltやEによるポーク・シージ能力が高く、早期にタワーを壊すという現環境にマッチしています。

上昇APが建築に与えるダメージに追加されるようになったのも大きいですね。

 

特に、Rumbleはマナを持たないため、青バフをミッドレーナーに譲ったとしてもそのままジャングルを回ることが可能となっています。

 

また、Rumbleは一度転けたとしても立ち直りやすいチャンピオンです。

 

これはNidaleeともUdyrともElise違う点で、Lv6になってUltを覚えた瞬間から集団戦・少数戦が非常に有利になり、それまでガンクやカウンタージャングルに失敗していたとしても、Ultを落とす場所一つで一気に有利を作れるだけのポテンシャルを持っています。

つまり、タイマンに強いチャンピオン勢とは違って集団戦での保険が利くんですね。

 

あとは、マチェット派生のAP・MSが上昇するエコーに変更された事も大きな要因の一つで、ジャングルを回る速度は元より、ブリンクを持たないRumbleからすればMS上昇は有り難い変更点です。

 

これらなどの理由から、Rumbleがジャングルに行くようになったと考えられます。

 

スポンサードリンク

 

○使ってみた感想

 

マナが必要ない上にジャングリングが非常に早く、新しくなったAPアイテムも相まってかなり強かったです。

 

Eの銛やUltのイコライザーによる大型モンスターにおける少数戦での小競り合い、小型の中立が狩りやすいQ、ムーブメントスピードが上がりあらゆる場面で重宝するシールドが付与されるWと、ジャングルを回る上で無駄になるスキルが一切ありませんでした

 

Ultによるタワー下でのミニオンクリーンやシージ能力としても強力でしたね。

特に、レーンで味方が敵をタワー下に押し込んでいた時に無理矢理Ultを切って主導権を握って、そのままタワーを折るなんていう力業も楽しかったです。

 

デメリットらしいデメリットと言えば、CCがスローしか無いこと、そして低レベルにおける1vs1はそこまで強くないことでしょうか。

Leesin、Renger、Elise、Udyr、Gravesなど、1vs1が強力なチャンピオンにカウンタージャングルをされるとボロボロになります。

・・・今のメタジャングラーの殆どじゃないか!

 

個人的な総評としては、なんというか、マナが必要なくなってポーク手段も増えた代わりにCCと耐久力を減らしたAP Amumuに近いです。

 

近距離でAAやQを当てるために仮面やクリセプを積みますし、AR・MRも必要とするので砂時計やアビセプも欲しくなりますからね。

 

ただし、低レベルで勝負がつきやすい現環境でアイテムが揃うまでバーストが出せないAmumuよりは、マナを必要としないままジャングルを回れるてバーストをお手軽に出せるRumbleの方に軍配が上がると言えます。

サッシュを持たれていたとしても、AmumuのUltは即座に解除されてしまいますが、RumbleのUltはスローフィールドなので一度解除しても継続してスローが入りますしね。

 

一度使ってみると病み付きになるぞ! Jungle Rumble!

 

スポンサードリンク