この記事の所要時間: 356

 top lucian

トップルシアンの可能性

 

スポンサードリンク

■ソロQでやったらダメ

 

先日、EU LCSにおいて、とある選手が面白いピックを見せてくれました。

 

前回の構成に関する記事でも書きましたが、Graves、Quinn、Corki、EzrealなどのMarksmanがソロレーン、或いはジャングルに向かう2ADC(2Marksman)が、現在のプロシーンにおいて主流になりつつあります。

 

様々な構成や2Marksmanについて

 

 

様々な理由がありますが、一番の理由としては試合のゲーム展開が早くなり、それらに合わせて2ADC構成にする事によってタワーの破壊が容易になり、ゲームスピードに付いていくことが上げられます。

 

が、今回の大会では『Top Lucian』という、滅多にないMarksman TOPを使い、見事勝利して我々にその可能性を見せてくれました。

 

これがその試合のハイライト

 

 

この試合のマッチヒストリー

『LC vs VIT Match History』 

 

 

LCSの解説でも、Lucian、Corkiの2チャンプが見えた時には、「MidにCorkiを置いて、BotにLucianを置くでしょう」と解説しており、いざチャンピオントレードになると、Luianがトップレーナーの手に渡り、Corkiがボットレーナーの手に渡って非常に驚いていたのも印象的でしたね。

 

 

スポンサードリンク

 

Lucianがトップに向かうメリット

 

・1vs1でのポテンシャルが高い

・レーニングは1vs1で行うため、相手のADCとレベル差が生まれる

・中盤~終盤にかけて強くなるチャンプ相手に有利を取れる

・ブリンクを多く持たないMelee相手に強気に出られる

・2ADC構成になるのでオブジェクト有利を作りやすい

・ADCが増えるので集団戦において相手のFocusがばらける

 

 

Lucianがトップに向かうデメリット

 

・Gankされた場合、ステータスとブリンク距離も相まって非常に弱い

・レーニングで相手を腐りきれない場合、トップに据える意味が無い

・MalphiteやLissandraなど、強力なエンゲージ手段を持つ相手には弱い

・QuinnやEzに比べて他レーンに圧力がかけられない

・Gravesよりも撃たれ弱いので、相手の背後に入るようなTPがし辛い

・CCが一切ないので味方のガンクに合わせづらい

・ソロQでやったら間違いなくトロール扱い

 

私が考えられるメリット・デメリットはこれくらいですが、もしかしたらこれら意外にもあるかも知れません。

 

御覧頂いたように、メリット・デメリットの差は殆どありませんが、それでもLucianをピックするのは、やはり2ADC構成が出来るからでしょう。

特に、Melee系の多くがトップレーンに向かう事になるので、2ADCで重要な要素となるタワーへの圧力が、1vs1での状況下だとLv差が生まれて非常に高くなります。

 

特に、最終的なルシアンのビルドを見てみると、対人よりもタワーを意識したアイテムを多く積んでいる事が見て取れます。

 

Mageのミニオンクリーンに巻き込まれたとしても耐えられるように、またガンクにも有る程度備えてMRの上昇するMoMを積んでいますし、タワーを早期から破壊できるようにIEや青鎌へと行かずにヨウムやラピッドキャノンを積んでいます。

 

恐らく、ADアイテムやタワーに修正が入る前のシーズンでこのピックをしたとしても、トップレーンだけでこそ勝利は収められるでしょうが、今回のようにチーム全体においての勝利は難しいでしょう。

2ADC構成ならではのLucian Top、その戦略による勝利でしたね。

 

ソロQでやったら絶対にトップねらい打ちされるんで、チームで行く時以外はトップルシアンは禁止です。お兄さんとの約束だぞ!

 

スポンサードリンク