この記事の所要時間: 721

zie

 

宇都宮北駐屯地の一般開放に行ってきましたので、写真と共に、どんな内容だったのか書き起こしていきます。

 

スポンサードリンク

■式典と言うよりお祭り!

 

5月25日の日曜日、今年で41周年を迎えた陸上自衛隊宇都宮北駐屯地が一般開放されるらしく、自衛隊音楽隊が演奏したりアクロバット飛行をしたりと、お祭り的な式典が催されるのだとか。

 

私は、昔見ていたガメラやゴジラの影響なのか、自衛隊には少なからず興味があったので、ほいほいと食い付いてしまいました。そして来るべき当日の早朝8時、おとんと朝飯食っていざ出陣!

 

祭り

おぉ、祭と言うだけあって、ふっつーに近所のお祭りみたいに所狭しと出店がいっぱい並んでる!

 

 

祭り1

祭り4

祭り3

おみやげ屋さんに水ヨーヨー掬いにかき氷

 

祭り2

地元で有名な焼きそば『ばそき屋』まで出店とな!

 

そして飛行場には、展示用や実用の航空機もセッティングされていました。基地が陸上自衛隊だからなのか、戦闘機は殆ど無く、ヘリコプターばかり。でも格好いい!

 

 

飛行機6

飛行機2

飛行機3

 

スバルが提供しているヘリコプターや、機体の上部に羽が二つ付いているヘリコプターなどがありましたが、中でも目を引いたのは黄色いヘリコプター!

 

 

飛行機4

黄色いヘリなんて初めてみました。赤十字のマークが付いているから、ドクターイエローみたいに、別のヘリコプターを修理するのかな?

 

 

飛行機1

しばらく散策していると、飛行場の一角に小さな行列を発見。何をしてるのかなーと覗いてみると、なんでもヘリコプターの操縦席に入れるらしいのだ!

 

早速並んで内部を撮ってきました。

 

飛行機1-2

入り口上部に取り付けられた羽には41周年の文字

 

飛行機1-3

内部はこんな感じ!

 

・・・・・・・何が何の機械やらさっぱりわからんぷー。でも奥に見えるレバーとかアレですね、ググッと押し倒したくなりますね。

 

自衛官は機材の動かし方を全て熟知して動かすんだろうなぁ。格好いいなぁ。

 

スポンサードリンク

 

さてさて、大体回るところは回ってしまったので、残るはメインイベントと言っても差し支えないアクロバット飛行のみ。

 

しかしアクロバット飛行が行われるのは午前10時から。現在の時刻は9時なので、どうやって時間潰そうかなーとボーッとしながら考えていると、どこからか『ドンドコドン』なんて太鼓の音が聞こえました。

 

太鼓2

格納庫の前には自衛隊員の方々が勇ましく和太鼓を叩く姿が!

 

太鼓

背中には『鬼怒』の文字

栃木と言えば鬼怒川が有名だもんね

 

和太鼓を叩く自衛官の中には、女性隊員も見受けられます。こう言ってはなんですが、雄々しくて素敵!

 

音楽2

 

その後、音楽隊が場の雰囲気を引き継ぎ、素敵な演奏をしてくれました。

 

演奏内容は、ミリオタ向けに行進曲、子供向けにアンパンマンマーチ、お年寄り向けに昭和メドレーなどでした。私達を飽きさせないように工夫してくれたのが伝わって来ます。嬉しいですね。

 

音楽

女性自衛官がマイクを手に『ハナミズキ』を披露してくれたりも

そして演奏終了後はみんなで拍手!素晴らしい演奏でした!

 

脚が棒になってるのもお構いなしに演奏に聴き入ってしまっていましたが、ふと時計に目をやると時刻は9時55分!慌てて飛行場に向かうと、既に一機のヘリが宙に浮こうとしていました!

 

ヘリ1

浮いてる!ウヒョー!

 

その後、空へと飛んだヘリを目で追っていると、いつの間にやら別のヘリと合流して編隊を組んでいます。

 

ヘリ3

 

(いよいよアクロバット飛行が始まるのか!)とワクワクして見守っていましたが、なんとそのまま東方面に飛び去ってしまいました。

 

私を含め、周囲の人々も呆然として待ち続けていましたが、待てども暮らせども戻ってこない。結局、40分待ちましたが戻ってきませんでした。

 

え?あれだけで終わり?マジで?と困惑する私はおとんに帰ろうかどうか相談しました。が、おとんは「いや終わりじゃないから。帰ってくるから」の一点張りだったので待つ事に決めました。

 

それでもやはり暇なので、出店の焼きそばを買って食べながら待つことに。

 

やきそば

下が言わずと知れた名店『ばそき屋』の焼きそば

上が出店の焼きそば

どっちも美味しかったです

 

(出店の麺は細め。具はコーン・もやし・キャベツ。付け合わせに紅ショウガ。対してばそき屋の麺は太め。具はキャベツのみのキャベツ焼きそば。非常にシンプル)

 

「まずはばそき屋の焼きそばからだ・・・・・・。じゃ、いただきます」

 

 

なーんて美味しい美味しい良いながら箸を進めていると、上空からバラバラと羽音が聞こえてきました。周囲のお客さん達も座っていた芝生から一斉に立ち上がり、上空を見上げて遂に来たか!と騒然となりました。

 

あくろ1

帰ってきたか!ガタッ

 

いやー1時間待ち惚けくらった甲斐がありましたね。そこからはもうアクロバットに次ぐアクロバットで終始圧巻されました。

 

あくろ3

あくろ2

4機のヘリが一点を基軸にしてグルグルと回ったり

 

あくろ5

あくろ4

真下に急降下して見せたりお腹を見せて真上を高速で通過したり

 

あくろ6

あくろ7

青いヘリからロープが垂れ、かと思ったらそのロープを伝って自衛官が降りてきたりと、曇り空ながらも大変満足する飛行風景を見せてくれました。

 

 

あくろ8

 

 

これらの画像以外にも、様々なアクロバット飛行をしてくれましたが、中でも印象に残っているのはこれ。

 

なんと、私達の目の前で羽を回して空へと飛び立ち、帰ってくる時も私達の目の前に着陸しました。

 

強風に煽られましたが、ものの数十mしか離れていない距離からヘリが離着陸するというのは、かなり強烈な印象が残りましたね。

 

 

■あとがき

 

いやー満足しました。ヘリが帰ってこないときはどうなるかと思いましたが、感嘆符ばかり上がるアクロバット飛行見せつけてくれちゃって。しっかりと思い出に残る駐屯地祭となりました。

 

他にも、写真には撮れませんでしたが、南極の氷や自衛隊の勲章が飾られていたり、暗視ゴーグルの体験コーナーなんてのもありましたし、兎に角イベント盛りだくさんな内容でした。

 

ちなみに私は、今回の式典は午前中で帰ってしまいました。今度は午後のイベントも見てみたいですね。

 

ただ、来年また来るとしたら、持ち運び可能な折りたたみ椅子を持参する事にします。

 

どゆことかって言いますとね、周りの人たちみーんな小さな椅子やレジャーシートを持参していたんですよね。私は当然持ち合わせていなかったので、芝生の上にあぐら掻いてアクロバット飛行を眺めていましたが、椅子やレジャーシートは持っておいて損は無いです。出店の食べ物をゆっくり食べられますしね。

 

それと、県外の方が来年の式典に来訪するのであれば、近くに高速道路が通っていますので、交通手段は電車よりも車をオススメします。

 

ついでに『みんみん』や『まさし』に寄って餃子食べたり、ちょっと遠くの日光に寄り道して観光を楽しむのも良いですね。

 

栃木良いとこ、一度はおいで。

 

スポンサードリンク